愛知県国民健康保険団体連合会

保険医療機関(保険薬局)の皆様

保険医療機関(保険薬局)の皆様
トップページ > 保険医療機関(保険薬局)の皆様 > 愛知県広域予防接種事業について

愛知県広域予防接種事業の概要

市町村別ワクチンコード一覧表

愛知県広域予防接種事業の概要

 各市町村長が行う予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条に規定する定期の予防接種の実施医療機関の範囲を愛知県全域とすることにより定期予防接種対象者の利便性を増し、感染症予防の手段である予防接種率の向上を図るとともに被接種者の体調、薬の服用歴、アレルギー等の情報を把握している医師が予防接種を実施することにより健康被害の防止を図ることを目的とし本事業を実施する。

国保連合会が扱う請求支払事務の概要

 接種協力医療機関は、広域化対象の被接種者に予防接種を行った場合、接種月の翌月10日までに国保連合会に必要書類を提出します。
 国保連合会は、接種協力医療機関から提出された書類の事務点検等を行い、原則書類が提出された月の翌月20日までに接種協力医療機関へ予防接種委託料金を支払います。
 なお、区域内(接種協力医療機関が所在する市町村)の住民に係る予防接種につきましては、従来どおり直接各市町村への請求となります。

※名古屋市住民分の取り扱い
 接種協力医療機関への予防接種委託料金の支払は国保連合会から行いますが、書類の提出先が名古屋市役所になります。
 また、取り扱いが一部異なる部分もありますので、詳細は名古屋市にお問い合わせください。

<広域予防接種における書類の提出イメージ>
※地域内予防接種については従来どおりです。

接種協力医療機関が国保連合会に提出する書類




<記載例> 愛知県広域予防接種事業総括表

<総括表に関する注意事項>
・接種協力医療機関は、必要事項を記載のうえ接種した月の翌月10日までに
  国保連合会へ提出してください。
・「市町村単位」で1行にまとめて記載してください。
  よって、市町村単位で作成する実績報告書の枚数と総括表の行数は
  一致することになります。
・この総括表は国保連合会に提出する場合にのみ必要となります。
  よって、市町村へ直接請求する場合は総括表の添付は不要となります。
・この総括表の様式は、愛知県国保連合会のホームページに掲載しておりますので
  ダウンロードしてご利用ください。



<記載例> 愛知県広域予防接種事業総括表

<実績報告書に関する注意事項>
・接種協力医療機関は、必要事項を記載のうえ接種した月の翌月10日までに
  国保連合会へ提出してください。
・接種月ごと及び市町村ごとに実績報告書を別に作成してください。
・ワクチン及び年齢区分により委託単価が異なりますので、委託単価が異なる場合は
  行を分けて記載してください。
・ワクチンが同一でも年齢区分が異なる場合は行を分けて記載してください。
・ワクチンコード及び年齢コードは「市町村別ワクチンコード・年齢コード一覧表」を参照してください。
  なお、「市町村別ワクチンコード・年齢コード一覧表」は愛知県国保連合会のホームページに
  掲載しております。
・この実績報告書は国保連合会へ提出する場合にのみ必要となります。
  よって、市町村へ直接請求する場合は不要となります。
・この実績報告書の様式は、愛知県国保連合会のホームページに掲載しておりますので
  ダウンロードしてご利用ください。